MENU

 僕の女性遍歴といえば、皆無です。
いわゆる童貞の大学生なんです。
それは小学校の頃から始まったのかもしれませんが、とにかく女性に縁が無い生活を送り続けてきました。
女性とつき合ってみたい気持ちは小さい頃から持っていたけれど、どうしても仲良くなることができないのです。
自分はオープンマインドで、相手に接しているつもりなんだけれど何だか気持ち悪いっていう印象を与えてしまうようでした。
中学ぐらいになるとますます、恋人が欲しいと言うような気持ちが強くなっていくのですが、反比例するように女性が遠ざかっていってしまうのですからね。
小中高とずっと女性がいる環境で生活をしながらも、恋人ができることは一度もありませんでした。
バレンタインだって、他の奴らがチョコレートを貰っているの見ると、腹立たしい気持ちになってしまったりと、相当のストレスを溜めていたのです。
それでも大学進学が決まった時、今までとは違う環境になるのだからと、きっと恋人ができるに違いないと思っていました。
小中高の頃よりも遥かにたくさんのいろいろな女性たちが集まってくるキャンパスの中、ここだったら自分の事を理解してくれるような女性と知り合うことは可能であると考えられたのです。
確かに本当に多くの女性たちがキャンパスにはいました。
この部分の予測はピッタリと一致していたのです。
ですが、ここからが上手くいかないところなんですね。
やっぱりモテないんですよ…女性と縁が無いのかもしれませんけれど、お付き合いする彼女どころか、女友達すら殆ど出来ない状態。
これじゃ地獄のキャンパスライフが4年間も続いてしまうわけですよね。
恋人を作ってデートを楽しむ、セックスだって思いっきりやっていく、こんな気持ちだったのにもかかわらず、あっという間に半年が過ぎてしまいました。

しかも殆ど女性との接点が無いままに。