MENU

 面倒な利用者を回避しながら、恋人になってくれるような女性探しを続けていました。
これだけの登録者がいるんだからサクラだけというわけではないと言う気持ちがありましたからね。
頑張って利用続けていくと、どうやら今度はおかしな誘いをしてこない女性とメッセージのやりとりをすることが出来たのです。
相手は26歳のOL、ちょっと年上だったけれど、それでも女性と接点を持てると言うことはかなり嬉しいことでした。
写メは多分本物ではないだろうという気持ちを持ってしまうくらいに、可愛らしい雰囲気のものだったのです。
それでも、異性とやりとりをする楽しさを味わってきました。
意外な感じだったんですけど、かなりエッチな話題なんかも話してくるタイプだったんです。
積極的と言うほどではなかったのですが、下ネタも大丈夫な女性だったことで、浮かれ気分になっていました。
自分だってセックスが嫌いなわけではありませんし、そういう関係もお付き合いをするようになったらできるだろうから、かなり楽しみに彼女とメッセージ交換をしていったのです。
1週間ほどしてから時間があるという事で、お酒を飲む約束になりました。
デートですから、もうこの約束が出来た時は本当に嬉しくて嬉しくて、盛大なガッツポーズ状態になってしまっていました。
初めて女性とデートをすることになったのですから、舞い上がってしまうのは当然だと思います。
当日は、朝から落ち着かない気分でいっぱいになってしまっていました。
初めて会う年上の女性、どんな会話をすればいいのか、どんな態度で接していけば良いのか、女性に慣れていない自分はそんなことばかり考えてしまっていました。
人生で初めての女性と2人っきりでのデートですから、持っている服で一番いいものを選び出してお洒落をして出かけていく事にしました。